• 大学進学
  • 文教コース

大学でも競技と学業を両立させたい

文教(小松島)コース 金澤雷飛さん(八戸・北稜中出身) 
立命館大学 経営学部 合格

インタビューに答える金澤さん

インタビュー

強豪校と善戦、素晴らしい試合ができました

小学校1年生でアイスホッケーをはじめ、その頃からポジションはずっとゴールキーパーという金澤君。実家を離れ最初は辛かった寮生活も、2年になる頃にはすっかり慣れ、それと同時にホッケーの練習にも余裕が生まれました。昨年の国体の準決勝では、日本代表選手を数多く擁する強豪の北海道選抜に善戦し、負けても素晴らしい試合ができたと胸を張ります。キーパーでは何が一番大切か尋ねると、意外にも「スケーティングが大切」という答えが返ってきました。大学でも最強のゴールキーパー目指して頑張れ!

合格体験を話す金澤さん

合格体験記

先生方の手厚い指導のおかげで文武両道を実現

私は、アイスホッケーと学業を両立できる環境を求めて東北高校に入学しました。部活と勉強の両立は難しかったけれど、先生方の手厚い指導のおかげで、成績を落とすことなく過ごすことができました。また、受験の際は顧問の先生のサポートで万全の準備をして試験に臨んだため、リラックスして受験できました。大学入学後も、競技と学業を両立させていきたいです。サポートして下さった先生方、ありがとうございました。

文教(小松島)コース 金澤雷飛さん(八戸・北稜中出身)