• 大学進学
  • 文教コース

法律で人を守る弁護士。
その素晴らしさを知って

文教コース(小松島) 小野嵐史さん(仙台一中出身)
東北学院大学 法学部 合格

インタビューに答える小野さん

インタビュー

目標のために必死に勉強

法律で人を守る弁護士という職業のすばらしさを知り、弁護士になりたいという目標のために、必死に勉強してきた嵐史君。一次試験のプレゼンテーションのために冤罪事件で有名な「松山事件」のことをとことん調べ、考察を重ねました。自分なりに納得のいくプレゼンができたものの一次試験の結果は思わしくなく、そこから二次の小論文に向けて全力を傾けました。自分が進路で悩んでいる時にこの総合型選抜を勧めてくれて、何か月もずっと入試対策に携わってくれた先生方のバックアップもあり、見事に合格!ずっと自分を心配してくれたお母さんが喜んでくれたことが何より嬉しかったそうです。

合格体験を話す小野さん

合格体験記

多くの支援に恩返しとなるようなことをしたい

私は様々な先生方にご協力いただいたにもかかわらず、一次試験の判定は残念なものとなってしまいました。しかし、それでも私自身だけではなく、先生方も諦めずに多くの支援をしてくださり、二次試験を受験して合格をつかみ取ることができました。私の努力が報われたのも周囲の方々のおかげです。大学に進学してからも、そのような感謝を忘れずに過ごしていき、恩返しとなるようなことをしていきたいと思います。

文教コース(小松島) 小野嵐史さん(仙台一中出身)