• 専門学校進学
  • 泉キャンパス文教コース

「保育士になりたい」芽生えた気持ち

文教コース 阪本香菜さん(館中出身)
仙台幼児保育専門学校 合格

インタビューに答える阪本さん

インタビュー

ピアノ教師の夢が変化

ピアノが得意な香菜さんは、中学生までピアノ教師になることが夢でした。しかし、保育士をしているお母さんから子供たちのかわいさや、保育士の魅力を聞いたりするにつれて、「私も保育士になりたい」という気持ちが芽生えたそうです。高校では生徒会の役員を務め、特に1年生の時の東北高祭で携わった「ステンドグラス」の制作では、期日が迫る中、仲間とギリギリまで悪戦苦闘して作り上げたことが良い思い出になったと話してくれました。

合格体験を話す阪本さん

合格体験記

活気のあるオープンスクールで受験先を決定

私は小さい子どもと一緒に遊ぶことや、お世話をすることが好きだったので、幼児保育者を目指そうと思いました。将来の夢は決まったものの、高校生になってすぐの頃は、大学や専門学校の資料請求や学校調べなどを面倒に思い、全く何もしていませんでした。そんな中、とりあえず行ってみた仙台幼児保育専門学校のオープンスクールは、今まで行った大学や専門学校のオープンスクールよりもずっと活気があり、また行きたいなと思えるような楽しいものでした。そして私はここの専門学校へ行くと決め、担任の先生や両親にたくさん面接練習を手伝ってもらい、無事合格することができました。先生方、みなさん、ありがとうございました。

泉キャンパス文教コース 阪本香菜さん