• 大学進学
  • 文教コース(小松島)
  • 令和4年卒業予定

夢は二つ、看護師と・・

文教コース(小松島) 仲野谷音さん(成田中出身)
東北福祉大学(健康科学部)合格

インタビューに答える仲野谷音さん

インタビュー

高校入学時からの進学目標

 ご両親が東北福祉大学出身ということもあり、高校に入学時からずっと福祉大に進学したいという気持ちが強く、それは合格が決まるまで一度もぶれたことはなかったそうです。目標を実現するために、日ごろから高い評定を維持し、理系教科にも力を入れてきました。その一方バスケ部ではキャプテンを務め、部員をまとめるのに苦労もしましたが、今は部の仲間を見ると自然と頑張る力が湧いてくると言います。看護師を目指している音さんですが、もう一つ大きな夢があります。それは青年海外協力隊に入り、途上国の医療を支える一翼を担うこと。4月から夢に向かって、初めの一歩を踏み出します!

合格体験を話す仲野谷音さん

合格体験記

私らしさを出せた面接

 私は女子バスケットボール部で人と話す力を養いました。そのため、面接では私らしさを出すことにつながったと感じています。たくさんの先生方に面接練習をしていただいたり、小論文の添削をしていただき、しっかり準備した状態で本番に臨めました。先生方、家族や友達などの多くの支援のおかげで進学という道に進んでいくことができます。このような感謝の気持ちを忘れずに、たくさんの方に恩返しができる人となれるよう、大学でも励んでいきたいです。

文教コース(小松島) 仲野谷音さん(成田中出身)