• 大学進学
  • スポーツコース
  • 令和4年卒業予定

将来的には
経営に関わる仕事がしたい

スポーツコース 柴田昌吾さん(北秋田市立森吉中出身)
日本大学(法学部)合格

インタビューに答える柴田昌吾さん

インタビュー

野球部の主将として色々なことを学びました

 柴田君は硬式野球部の主将として、大勢の部員をまとめあげてきました。時には部員と監督の間に立って、難しい調整が必要な時もありましたが、そうした経験のおかげで言わなければならないことは何か、言いたいことをどこまで言うべきか、など身をもって学ぶことができたそうです。大学で学んだことを生かして公認会計士の資格を取り、将来的には経営に関わる仕事がしたいとのこと。「お金を儲けるより、仕事を通して社会に貢献できたと実感できることが自分にとっては大切」という柴田君の言葉には誠実でまっすぐな人柄がにじみ出ていました。

合格体験を話す柴田昌吾さん

合格体験記

日頃の取り組みが自分の助けになりました

 私は3年間硬式野球部に所属していました。選手として引退したのは7月下旬だったため、そこから受験勉強をして目標とする大学へ自力で現役合格することは難しいと考えました。ありがたいことに提携校推薦枠で日本大学に合格することができました。受験準備にあたり、先生方にとても助けていただきました。また、日大テストや評定でよい結果を残すように取り組んできたことも、最終的に自分の助けとなりました。受験の日が迫り、焦る人が多くいましたが、1年次から最低限は勉強を積み重ねてきて良かったと改めて思います。

スポーツコース 柴田昌吾さん(北秋田市立森吉中出身)