お知らせ

聖火ランナーを務めた本校陸上競技部OB 村上貴彦さんが来校!

7月9日(金)、聖火ランナーとして陸上競技場を走った本校陸上競技部OB村上貴彦さんが来校しました。

 

聖火を手に陸上競技場を走る村上さん

 

 村上さんは、東北高校スポルティーボを卒業後、明治大学に進学。明治大学時代には、箱根駅伝に2年連続で出場しました。その後、様々な困難を克服しながら、現在でも市民ランナーとして活躍しています。

 そんな村上さんを泉キャンパスにお迎えして、川上裕貴生徒会長がインタビュー。お話をお聞きしました。

 

泉キャンパスにて川上裕貴生徒会長がインタビュー

 

 幼いころから走ることが大好きで、マラソンでオリンピック選手になるのが夢だったという村上さん。会社で聖火ランナー募集を目にし、あこがれ続けたオリンピックに聖火ランナーとして参加し、幼い頃から走り続けてきたこの街で、走ることの楽しさやスポーツの素晴らしさを多くの人に伝えたい、と立候補したそうです。

 陸上競技場を走ったことについては、「思い出の宮城野原陸上競技場で走れたことに感慨深いものがあります。30Mだけでも携わることができて光栄でした。」

 また「陸上競技をやってきて、今人生に活かされていること」をお聞きすると、「フィールドが変わるだけで、やることは変わらない。一生懸命やってきたことは必ず人生に活きてきます。」と話してくださいました。

 

五十嵐校長(左)とのツーショット

今すぐチェックしよう

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • お問合・相談

PAGE TOP