お知らせ

未来にはばたけ!進学就職合格体験記  自衛官 ㉜

文教コース(泉) 深井 祐誠さん(将監中出身)

自衛官  一般曹候補生合格

 

東日本大震災の時、深井君は当時小学校2年生。自衛隊員や消防隊員が懸命に救助にあたる姿が写真や映像で映し出される姿を目の当たりにし、人を救う仕事に就きたいという強い思いを持ったそうです。先生方から自衛隊に関する豊富な情報を詳しく教えてもらったことも大きな力となりました。3年最後の高校総体代替大会が陸上選手として出場した最後の大会。仲間と同じユニフォームを着て、心を一つにして走る喜びが高校生活の一番の思い出。今後の目標は災害派遣で人々に安心してもらえるような頼もしい自衛隊員を目指します。

 

 

【合格体験記】

 私は3年間陸上競技部に所属していました。試験勉強と部活動の両立は大変でした。特に今年はコロナの影響でそういった活動が制限されてしまうこともありましたが、だからこそ自分を律して、一つひとつのことに集中することができたと思っています。私の合格した陸上自衛隊は、私自身の幼いころからの夢でもあり、それだからこそ本気で頑張ることができました。しっかりと試験対策をすることも大切ですが、それよりも大切なことは自分の夢を本気で追いかけることだと私は考えます。

 

今すぐチェックしよう

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • お問合・相談

PAGE TOP