お知らせ

ONLY ONE! -きらめき人物図鑑― Vol.9

仙台ジュニアオーケストラ
    石津 真琴さん(文理コース2年 西山中出身)

今回の「人物図鑑」登場者は、仙台ジュニアオーケストラのトランペット奏者
文理コース2年の石津真琴さん。オーケストラでの活動の様子、クラシックの魅力のほか、趣味や将来の夢などについて話してくれました。

 

Q.トランペットとの出会い、ジュニアオーケストラ活動のきっかけは?
 小学校3年でブラスバンドに入る時、何種類かの楽器を吹いてみてトランペットが一番上手に気持ちよく吹けたのがきっかけです。小学校の時は東日本大会で金賞を受賞したんです。
 中学校では吹奏楽部ではなく運動部(バドミントン)に入ったため、これまで続けてきたトランペットを生かすために、ジュニアオーケストラの選考を受けました。

 

 

 

Q.ジュニアオーケストラの活動とクラシックの魅力につい教えてください。
 週1回の全体練習(それ以外は自宅での個人練習)、定期演奏会や県外での演奏会、合宿など、どれもとても楽しく充実した活動をしています。
  最も心に残っているのは、世界最高峰の「ウィーンフィル」と共演したこと。(やっぱりすごかったです!)
  クラシックの中でも特にヒンデミット、ベートーベン、ブラームスといった作曲家の作品が大好きです。自分で演奏していても心からの感動を覚えるんです!そこが一番の醍醐味、魅力かな。

 

Q.将来のこと、趣味など教えてください。
  将来の進路についてはいくつかの選択肢を考えていますが、トランペットはあくまでも趣味としてずっと続けていきたいと思っています。
読書が好きで、クラシック以外の音楽のジャンルではKポップが好きです。

 最後に今の高校生活はどうですか?と聞くと、「本当に楽しい毎日です!」と目を輝かせてくれました。終始ににこやかに話してくれた笑顔の素敵なキュートな女の子でした。これからも応援しています。

 

 

仙台ジュニアオーケストラ第29回定期演奏会 

 10月13日(日)14:00開演 日立システムズホール仙台 コンサートホール
  

今すぐチェックしよう

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • お問合・相談

PAGE TOP