トピックス

第77回東日本ソフトテニス選手権大会 浅見・初鹿ペア 堂々の準優勝です!! (プロ・社会人・大学・高校・中学の混合大会です)

トピックス 22.07.21

浅間温泉庭球場(長野県松本市)で開催された[7月16日(土)−17日(日)]

第77回東日本ソフトテニス選手権大会

この大会は、東日本の中学・高校・大学・社会人(プロを含む)までのトップ334ペアがエントリーし、天皇杯に比肩する大会に位置づけられると言っても過言ではないものです。この大会での 高校生の上位進出は至難 とされています。

この大会で、なんと

浅見俊一朗(スポーツコース2年/埼玉・秩父第一中)
初鹿  暁哉  (スポーツコース2年/埼玉・芝東中)

のペアが準優勝しました

なんてすごいんだ 浅見 君・初鹿 君  😊😊

(決勝戦の結果)
浅見・初鹿(東北高)3−4船水・柴田(稲門クラブ・ヨネックス)

決勝の対戦相手である、船水 颯人 選手は、本校卒業生でもあり、日本初の「プロソフトテニスプレーヤー」でもある「レジェンド」です。

このレジェンドを相手に、高校2年生の浅見君・初鹿君が「3対4」という内容で準優勝したことは、大大大のつく快挙です!! このとんでもない結果に大興奮です。

浅見君・初鹿君ペアのインターハイでの活躍が期待されますね。

この勢いがソフトテニス部全体の活躍につながりそうです。 ぜひ、みなさんの応援をお願いいたします!!