お知らせ

未来へはばたけ!進学就職合格体験記㊴   岩手大学

創進コース 石川 大さん(東仙台中出身)  

岩手大学農学部 合格

 

 小さい頃から、長期の休みは岩手に住む畜産業を営む祖父母の家に行き、牛の餌やりや牛舎の掃除の手伝いをしてきて、自然に農業や畜産業に興味を持つようになったと言います。志望大学合格に向けて必死に勉強する中で、時にはやる気がダウンすることも。それでも目標達成のため地道に学習をすすめ、気持ちを奮い立たせ乗り越えたといいます。大学では農村デザインや六次産業などを深く学び、将来は日本の農業を支えられるような仕事をすることが目標です。

 

 

 受験期に入ると、自然と周囲が受験モードになったため、自分もそれに触発されて受験勉強に打ち込むことが出来たり、少しやる気が落ちた時に、友人が頑張っている姿を見てやる気が起きたりと、まさに「受験は団体戦」だったと感じました。

 また、初めての共通テストだったということもあり、先生方が早くから共通テスト対策をはじめてくださって、本番では過去最高点を取ることができました。3年間支えてくれた友人たち、先生方、先輩後輩、そして家族にとても感謝しています。

 

 

今すぐチェックしよう

  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • お問合・相談

PAGE TOP