お知らせ

宮城県ソフトボール総合選手権大会(高校の部) 初優勝!

第32回宮城県ソフトボール総合選手権大会(高校の部)が7月14日(土)から16日(月)にかけて蔵王町B&G多目運動場・サンスポーツランド蔵王を会場に開催されました。本校ソフトボール部女子も出場し,見事 優勝(初優勝)!を果たしました。 顧問の先生のコメントを添えて報告いたします。

 

 

【結 果】 優 勝 (初優勝) !
 
1 回 戦   東北 10-1 宮城第一 (5回コールド)
2 回 戦   東北  7-0 石巻桜坂 ( 棄権 ) 
準々決勝  東北  4-2 利府
準 決 勝   東北 11-0 常盤木学園(4回コールド)
決  勝  東北  4-2 東北生文大高

 

 

 

【出場選手】

①安部 愛理(泉文教コース1年・大和中出身)
➁梶井 朝日(泉文教コース1年・大和中出身)
③横田 華美(泉文教コース1年・広瀬中出身)
➃髙橋 千夏(泉文教コース1年・岩沼中出身)
➄平間 彩乃(泉文教コース1年・岩沼西中出身)
⑥松本 芽生(泉文教コース1年・根白石中出身)
⑦堺  結意(泉文教コース2年・多賀城中出身)
⑧中澤 真綾(泉文教コース2年・南中山中出身)
⑨早坂 真依(泉文教コース2年・仙台一中出身)
⑩米田  愛(泉文教コース2年・根白石中出身)
⑪佐々木七海(泉文教コース2年・長町中出身)
⑫佐々木実麗(泉文教コース2年・矢板中出身)
⑬佐直 多笑(泉文教コース2年・神町中出身)
⑭塚辺菜々美(泉文教コース2年・岩沼中出身)
⑮佐藤 鈴華(泉文教コース2年・広瀬中出身)
⑯東谷 侑依(泉文教コース2年・桜丘中出身)
⑰堀 みなみ(泉文教コース2年・上杉山中出身)

 

 

 

【試合経過】 顧問コメント

〈1回戦〉対 宮城第一

初回,1点を先制されたが,裏の攻撃で2点を返し逆転。その後は先発の東谷侑依(文教2年)が要所を締めるピッチングを披露する。打線も毎回,得点を重ね,5回コールドゲームで勝利した。

 

〈2回戦〉対 石巻桜坂

炎天下でゲームが開始された。先発の米田愛〈文教2年〉は立ち上がり苦しみながらも相手打線を抑え込んだ。打線は得点はするもののピリッとしない状態であった。暑さも影響してか動きがどこかぎこちなかった。その後,6回の途中に対戦相手から棄権の申し出があり,ゲーム終了となる。

 

〈準々決勝〉対 利府

2回戦と同じ日に行われた。2試合目ということもあり疲労が出たか,立ち上がりヒットやエラーなどから2点を先制される。その後は投手戦の様相を見せる。相手投手のピッチングに打線は翻弄されるが,こちらの投手も負けず,力強いピッチングで相手打線を抑えた。6回の表,東北高校の攻撃,松本芽依(文教1年)の長打を皮切りにまず,1点を返すと2アウト満塁という場面で横田華美(文教1年)の右中間へ抜ける走者一掃のタイムリーヒットで3点を追加し4対2と逆転する。6,7回を抑え勝利する。

 

〈準決勝〉 対 常盤木学園

初回から打線が爆発。1回に5点,2回に4点,3回に2点と立て続けに得点していく。守りでは先発の髙橋千夏(文教1年)が打たせて取るピッチングを披露し,守備も良いプレーが出る等,相手を寄せつけず,4回コールドで勝利を収めた。

 

〈決 勝〉 対 東北生文大高

高校総体の覇者であり,総体で敗北を喫した相手である。1回の表に主将の佐直多笑(文教2年)の出塁から1点を先制した。その後,5回の裏,同点に追いつかれる。6回の表に1点を取り,勝ち越すが,裏に1点を返され同点。互いの気迫あふれるプレーがぶつかる。延長かと頭をよぎるが,7回の表,相手のミスを誘い2点をとる。そのまま裏の攻撃をしのぎ,勝利を収め,嬉しい,初勝利を手にした。

 

 

3日間,会場に足を運んでくださった皆様,応援して下さった皆様,ありがとうございました!

今すぐチェックしよう

  • 資料請求
  • 学校見学会
  • お問合・相談

PAGE TOP