お知らせ

魅力発見! Vol.1

第1回目は小松島キャンパスの生徒会長 永島 梨央さん

 

新シリーズ「魅力発見!」をスタートします!

様々な分野で活躍する魅力あふれる東北高校生を紹介するシリーズです。

第1回目は小松島キャンパスの生徒会長 永島 梨央さん(文理コース3年・将監東中出身)です。去年の秋から新会長として生徒会をけん引する梨央さんに、活動の内容や生徒会の魅力を聞きました。

 

 

〇 会長に立候補したのはなぜ?

 

 去年、先輩と生徒会の仕事をする中で、自分も生徒会で新しい改革をしたいという気持ちが高まり、立候補しました。

 

〇 これまでの活動や、今後実現していきたいことなどを教えてください。

 

 自治委員会が中心になってペットボトルのリサイクル活動を行っています。ポイントを集めて、寄付などの社会貢献につなげていきたいと思っています。社会貢献は、結果的には自分たち自身の成長や将来のビジョンにもつながるものだと考えています。

 また、広報委員会ではキャンパスの写真を多く撮って、校内を写真でいっぱいにし、自然豊かな小松島を発信していきたいと思っています。今、たくさん写真を撮っているところです。

 

 

〇 生徒会の雰囲気はどうですか。

 

 みんな前向きに活発に活動しています。今年は人数がとても多いので活動の幅を広げてみんなに仕事がいきわたるよう工夫しています。臨機応変をテーマに、それぞれが補い合って仕事をしています。

 

〇 東北高校の自慢は?

 

 生徒と先生の距離がとても近く、厳しいけれどとても頼りになる先生ばかりです。また、施設が充実していて、集会や講演会などが行われる多目的ホールは、とてもきれいで快適です。

 

〇 東北高校生に一言

 

 今、生徒会ではいろいろな企画を考えていますので、みなさんもぜひ積極的に参加してほしいと思います。

 

 どの質問にも生き生きと情熱的に語ってくれた梨央さん。生徒会への熱い思いがあふれ出すようなインタビューでした。これからも様々な企画で盛り上げていってください。

 

今すぐチェックしよう

  • 資料請求
  • 学校見学会
  • お問合・相談

PAGE TOP