• ホーム
  • 新校舎(中央校舎)レポート

新校舎(中央校舎)レポート

2017/02/16
53年間ありがとう 小松島キャンパス本館
新校舎レポートも49回、今回は本館解体作業の様子をお伝えします。1964年の竣工以来53年間、東北高校生とともに歩んできた本館が取り壊されました。多くの著名建築を手がけた山下設計(株)が携わったこの建物は、今でも気品と風格を感じさせる建築物で、校訓「至誠」「忍耐」「勤勉」を体現した、文字通り東北高校のシンボルともいえる存在です。1964年東京五輪柔道無差別級神永選手の銀メダルやトリノ五輪フィギュアスケート金メダルの荒川選手、ソチ五輪フィギュアスケート金メダルの羽生選手はじめ多くの卒業生の祝賀垂れ幕が掲げられたのもこの本館です。今までありがとうございました。新校舎完成とともに、さらに前進し続ける東北高校をこれからもよろしくお願いします。


2.16
2.16
2.16
2.16
2.16

2017/02/06
食堂がリニューアル・オープンしました
今回は、新校舎の1階食堂オープンの様子をお伝えします。木目調の床とおしゃれなテーブルや色とりどりの椅子が美しく配置されたとても開放的な空間です。この日は2階情報室でも、PCを活用した授業が始まりました。新校舎のコンセプトワードは「君がエンジン!新校舎始動」です。


2.6
2.6
2.6
2.6

2017/02/03
新校舎内部お見せします
2月に入り新校舎レポートもいよいよ内部の写真をお伝えできるようになりました。この日は射撃部、柔道部、バスケットボール部の皆さんが図書室蔵書の移動ボランティア活動に励んでいました。エレベーターやウォシュレットトイレも完備しています。2月6日(月)から食堂がオープンします


2.3
2.3
2.3
2.3
2.3

2017/01/24
新校舎の外観が見えてきました
新校舎の建築も順調に進み、外側を覆っていた足場が撤去され、美しい外観が見えてきました。さて、1月25日(水)27日(金)は一般入試日です。受験生の皆さん、寒さに負けず、全力を尽くしてがんばってください!東北高校は、がんばる皆さんをサポートします。


1.24
1.24
1.24
1.24

2017/01/17
丸い吹き抜けがユニークです。
新校舎の下からの眺めをご覧ください。3階屋外テラスの天井部分の丸い吹き抜けがとてもユニークです。世界遺産サグラダ・ファミリアの設計で有名なスペインの建築家アントニオ・ガウディの作品にも丸い吹き抜けをモチーフにした作品(カサ・バトリョ 世界遺産)があります。「青空を見上げ大志を抱いて学ぶように」という東北高校の校風の片鱗が感じられますね。屋上では前日積もった雪を作業員の方が丁寧に取り除いていました。2月6日(月)には新校舎2階食堂が先行オープンします。


1/17
1/17
1/17
1/17

2017/01/05
寒の入りの雪の下、工事が進んでいます。
新しい年が始まりました。この冬一番寒い時期を迎えて新校舎新築は順調に進んでいます。この日は作業経路の雪かきから始まりました。本校では来週はいよいよ推薦入試が始まります。受験生の皆さん、体調管理に十分気をつけて、寒さに負けずにがんばってください。


1.5
1.5
1.5

2016/12/27
巨大な吹き抜け出現
いよいよ年の瀬も押し詰まり、工事も最終段階です。2階テラス屋根部分に大きな吹き抜けができつつあります。これからの学校生活が楽しくなるようなとても斬新な屋根のデザインですね。新校舎レポート、来年は1月4日からスタートします。これまでご覧頂き、ありがとうございました。皆さん良いお年をお迎えください。


12.27
12.27
12.27

2016/12/22
屋上の防水シートを張っています。
今日で今年の授業は全校集会で終了となりました。今回は屋上の防水シート張りが進んでいる様子をお伝えします。写真から見えにくいですが、校舎外観の側面や内装の工事が進んでおり、多くの作業員の皆さんが頻繁に出入りして丁寧に仕事を進めています。


12.22
12.22
12.22

2016/12/13
屋上の「はと小屋」を作っています!?。
「はと(鳩)小屋」とは、建築用語のひとつで、建物をつくる時、屋上に配置するエアコンの室外機や冷却塔への渡り配管をパイプシャフトから屋上へ貫通させる場合に、その防水対策として小屋を設け、その側面から抜いて雨じまいを行ないます。この小屋の俗称のことを「はと小屋」と呼びます。この日は、屋上の各設備の仕上げを丁寧に行っていました。作業員の皆さん、毎日ご苦労様です。寒さに負けないで安全に仕事を進めてください。


12.13
12.13
12.13

2016/12/02
多目的交流ホール屋上のコンクリート流し込みを行いました。
この日は、3階多目的ホール屋上部分のコンクリート流し込みを行いました。コンクリートが太いホースから大量に流し込まれ、作業員の方が手際よく伸ばして平らにならしていきます。午前中に無事、屋上全体のコンクリート流し込みを終えました。とても美しい仕上がりですね。


12.2
12.2
12.2

ページの先頭へ戻る